« 大人のためのおはなし会 報告 | トップページ | 9/10「日本と再生」上映会 »

2017年7月 8日 (土)

支援先について

あの恐ろしい大震災から6年、東北被災地ではようやく復興の兆しが見えてきました。昨年、有志で訪問した陸前高田では、海岸に近い元の市街地に盛土をして、大規模なまちづくりが始まっていました。広田湾にずらりと並ぶ牡蠣のいかだに活気を感じ、また安堵もしました。現在は高台にある市立図書館も、街中に戻ってくるということです。

 被災した他の市町村でも、公立図書館のサービスが始まったようです。

 この状況を受けて、これまで東北3県に移動図書館車を走らせていた「シャンティ国際ボランティア会」は、この3月にその役割を終えました。

 私たちは、このプロジェクトへの寄付を続けてきましたが、今回のプロジェクト終了に伴い、皆様からの寄付の送り先を相談し、このたびは「3.11甲状腺がん子ども基金」に10万円、「311甲状腺がん家族の会」に5万円の寄付をいたしました。

 3.11甲状腺がん子ども基金」は20169月に発足。現在、福島に限らず近県から、子ども達の甲状腺がんの報告が増えてきています。国は、公式には原発事故の影響とは言いませんが、チェルノブイリ原発事故のその後を考えれば、原発事故と無縁であるはずはありません。

この基金は、甲状腺がんの子どもへの療養費として、一人当たり10万円の給付をしています。代表理事は千葉市にお住いの崎山比早子さん(元国会事故調査委員会委員)。そこにもご縁を感じ、お子さん一人分ではありますが、療養費として寄付致しました。

 311甲状腺がん家族の会」は患者さんたちと、そのご家族の会です。交流や学習会、治療相談など始めているようです。病気の子ども達が少しでも健やかに、子ども時代を子どもらしく過ごせることを願っています。

また、お金が少々残りましたので、9月には上映会「日本と再生」を行います。これからのことを、皆で考えていきましょう。どうぞご参加ください。

 

 

 

    チャリティ上映会「日本と再生」

 

 

            2017910日(日) 

 

                   13301515 

 

          千葉市生涯学習センター小ホール 

 

 

     参加費¥1,000  ※中・高生参加無料

 

                  (資料代¥500+寄付¥500 

 

 

 

« 大人のためのおはなし会 報告 | トップページ | 9/10「日本と再生」上映会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1541781/71079316

この記事へのトラックバック一覧です: 支援先について:

« 大人のためのおはなし会 報告 | トップページ | 9/10「日本と再生」上映会 »